えみりのワーママブログ

ゆるキャリワーママの子育て×趣味×仕事を無理せず楽しむ生活

【元保険会社社員が教える】自動車保険の節約方法【固定費削減】

f:id:wamama_emily:20210701170557j:image

こんにちは。えみりです。

わたしは約7年間、保険会社に勤務していました。

 

多くのお客様に保険を販売する中で、

「正直、この補償は不要だな・・・」と感じるものが多かったんです。

(サラリーマンなので、在職中はそんなこと言えなかったですが(笑))

 

そこで、退職した今だから言える「自動車保険の節約方法」をお伝えします。

※自賠責保険ではなく、任意の自動車保険についてのお話です。

 

・固定費を削減したい!

・保険料を安くしたい!

・保険を安くするポイントを分かりやすく解説してほしい!

このような悩みを解決します^ ^

 

 自動車保険の節約方法

ネット保険に入る

ディーラーや中古車販売店で車を購入すると、自動車保険もセットでお勧めされることが多いですよね。

これは、各店舗が「今月は保険を〇〇件成約する!」という目標やノルマがあるからです。

 

また、ショッピングモールの中にある保険ショップや、街の専業代理店などは、従業員の人件費や店舗の運営費用などの経費がかかる分、保険料が割高になっています。

 

一方、ネット保険はそのような経費がかからないため、保険料が割安。

補償内容やサービスは大して変わらないのに、店舗で申し込むかネットで申し込むかの違いだけで、保険料が大幅に変わります。

 

わたし個人的には、ネット保険で十分だと思っています。

何故なら、事故や車両トラブルが起きたら、スマホでコールセンターに電話して、的確に対応してもらえれば十分だから。

 

ネットの操作が不安な高齢者や、どうしても対面でのやり取りがしたい場合は、店舗を構える専業代理店などで契約する方がいいかもしれませんが・・・

 

それ以外の方はネットの保険会社で契約する方がコスパがいいです。

 

・なるべく固定費を抑えたい

・保険料は安い方がいい

・今加入している保険とネット保険を比較して、どれくらい安くなるか知りたい

 

そう思ったら、複数の保険会社の保険料を比較できる「一括見積もり」を依頼するのが効率的。一社ずつ見積もり依頼するのはかなり手間なので、一括見積もりは便利なサービスですよね。

 

一括見積もりはこちらから↓

 

 

一括見積もりで簡単に安い保険会社を見つけられ、家計の節約になります。

もちろん見積もりだけなら無料。

 

※上記のサイト「インズウェブ」は保険代理店ではありませんので、特定の保険をお勧めされることはないので安心です。

 

補償内容を削減する

車両保険は付けない

個人的には、車両保険は不要。壊れたら自費で直せばOKと思っています。

その理由をご説明しますね。

 

車両保険は、自動車保険を契約する際にオプションで付帯できます。

 

例えば、事故で車が破損してしまったAさん。車両保険を付帯していたので、数万円の保険金がもらえるとします。

 

車両保険の保険金を受け取った後、自動車保険の保険料はどうなるのでしょうか?

 

Aさんが保険金を受け取る

→自動車保険の「等級」が下がる

→次年度以降の保険料が上がる!

 

つまり、保険金を受け取ると、Aさんが加入する保険の次年度保険料が高くなるんですね。

しかも、3年間は元の等級に戻らないので、数年間は高いまま…。

(※年数は事故内容によります)

 

そのため、トータルで見ると、保険を使わない方が得という皮肉な結果になるケースも意外と多いんです。

 

わたしが保険会社に勤めていた時も、せっかく車両保険を付けているのに、

「保険金を貰うと翌年度の保険料が高くなるから、保険は請求しません。」

というお客様がかなり多かったです。

なんのために車両保険を付帯しているのか?使えないなら意味がなく、本末転倒です。。

 

以上の理由から、車両保険は付帯せずに、その分貯蓄して万が一に備える方が賢明だと思っています。

 

運転者の限定範囲と、年齢条件をチェック

自動車保険には、①運転者の範囲と②年齢条件を設定することができます。

 

①運転者の範囲

本人限定、夫婦限定、限定なし など

②年齢条件

35歳以上、26歳以上、21歳以上、年齢制限無 など

 

もう子供が21歳になったのに、うっかり年齢制限無のままにしていた!

なんてことがないように、毎年の自動車保険更新のタイミングでチェックしてみてください。

 

数千円安くなることもありますよ^ ^

 

傷害補償の範囲をチェック

自動車保険に傷害補償が付いている場合は、対象となる事故の範囲をチェックしてみてください。

 

・契約の車に搭乗中のみ

・歩行中や、他の車に搭乗中も補償

 

この違いだけで、けっこう保険料が変わります。

 

車検の通っている車は、必ず自賠責保険に加入しているため、もしも自分や家族が歩行中に車に轢かれた場合でも、相手の自賠責保険から対人賠償の保険金がもらえます。

 

そのため、わたしは傷害補償は「契約の車に搭乗中のみ」にしています。

範囲を限定することで、保険料が安く抑えられます。

 

重複している補償を外す

車を2台以上所有している人は、以下の項目は要チェックです。2台とも付帯すると補償が重複し、保険料が払い損となってしまいます。

 

・弁護士費用特約 →車1台分の契約に付けておけばOK。家族も対象になる。

 

・傷害補償 →2台とも「歩行中や、他の車に搭乗中も補償」にすると、補償が重複する。1台分は「契約の車に搭乗中のみ」にすることで重複が解消できる。

 

・個人賠償責任保険 →自動車保険だけでなく、火災保険などで付帯している可能性も。重複していたら一方を解約するのがオススメ。

 

 まとめ

わたしが勤務時代に感じていた、自動車保険の節約方法を書いてみました。

 

補償の見直しをしたい場合は、保険証券を用意して、保険会社のコールセンターに電話してみてください。

保険証券がどこにあるか分からない!という方は、契約者本人がコールセンターに電話すれば再発行してもらえます。

 

補償やお金の考え方は個人の価値観によるため、わたしの記述が全てではありませんが…どなたかの参考になれば嬉しいです。